ディアマナパターをキャメロンに
Pocket

ディアマナパター用カーボンシャフトのP135、ついにエースパターにも投入!

広島市安佐北区のゴルフショップ、スルーザグリーンです。
使用者絶賛のデイアマナのパター用カーボンシャフト、P135は打球感が柔らかくなるほか、ミスヒットでも直線性が落ちないなど、以前レポートしてきました。

以前のディアマナ P135のレポートは

コチラ⇒『スチールと比較!パター用カーボンシャフト ディアマナ P135装着』
コチラ⇒『ディアマナのパターシャフト、P135のフレックス1.0と2.0の比較!』

スチールシャフトと同等の振動数に設計された、フレックス2.0を興味本位に装着された方から、
「調子が良いので、フレックス1.0も使ってみたい!」とリピートオーダーいただきました!

キャメロン NEWPORTにディアマナP135

キャメロン NEWPORTにディアマナP135

エースパターのスコッティキャメロンのNEWPORTにフレックス1.0を装着しました。
どの様になったかというと、

ディアマナ P135はインサート無しと好相性

ディアマナ P135はインサート無しと好相性

見た目は、こんな感じです。
シャフトがブラックになることで、ヘッドにグッっと集中できる感じです。
右の方が今回デイアマナP135を装着したヘッドです。
装着してみて、元のシャフト径と変わらずネックの穴にシャフトが完全に緩みなく収まる太さです。
これだけキッチリ径があっていれば、予定外に傾いてはいることも少ないでしょう。
グリップは、イオミックのPutter Grip Army(パターグリップアーミー)という、マーブル状というか迷彩っぽいというか、2色の素材が程よく混ざり合ったグリップの、アーミーグレーを採用しました。
グレーにすることで、ヘッドとのバランスが取れ見た目がスッキリします。
グリップをブラックにしてしまうと、シャフトもブラックのため少しヘッドが浮いて見えてしまいます。

ディアマナパター用カーボンシャフト フレックス1.0

ディアマナパター用カーボンシャフト フレックス1.0

このシャフトは、特にフレックス1.0はフェースインサートに、打球感を柔らかくする素材が採用されているヘッドと組み合わせると、打球感が柔らかくなりすぎるように思います。
出来れば、今回のようにフェースインサートの無い、打球音がハッキリしダイレクトにインパクトをフィードバックしてくれるヘッドと相性が良いと思います。
個人的には、写真中段の左のようにフェースのミーリングも無しで良いように感じます。
さて、これからディアマナのカーボンパターシャフトが、続々と増えてきそうな予感がしますね。
ロングネックのヘッドで、レングスを32インチぐらいまで短くすると、グリップ下のレイ(花)が隠れてしまうことがあると思います。
今回も、短めのオーダーでしたが、何とかレイを表に出せる長さで良かったです。

ゴルフパフォーマンス スタジオ
THROUGH THE GREEN(スルーザグリーン)
〒731-0201
広島市安佐北区大林3丁目14-22-1F

Pocket

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です