ルーツ ゴルフ
Pocket

ルーツ ゴルフの取り扱いを開始しました。

広島市安佐北区のゴルフショップ スルーザグリーンです。
特殊合金 スーパーアーメットで有名な、ルーツ ゴルフの取り扱いを始めました。

ルーツ ゴルフのメーカーHPはこちら→Roots Golf

ルーツ ゴルフ

ルーツ ゴルフ


Aermet Infini(アーメット インフィニ)アイアン

今回は「Aermet Infini(アーメット インフィニ)アイアン」
#5Iと#6Iが中空構造になっていて、ユーティリティーアイアンのようになっているのが特徴です。
飛び系のアイアンで、ロフトは#7Iで26度・Pwで39度。
もちろんフェースにはスーパーアーメットを使用しています。

中空の#5I・#6I

ミスに強い、特に上下のミスに寛容になる作りを採用。
インナーウェイトが低めに装着されているようで、高さを出しやすく設計されています。
ちょっと長めのショートホールなどで、ウッド型のユーティリティではラインが出しにくい時も、これなら狙って打っていけそう。

#5+I・#6+Iな理由

#7I〜Pwまでの流れから、0.25インチほど長さが長くなるヘッド重量の設計がなされています。
シャフト選択を、ショートアイアンを中心に行った場合、あえてこの0.25インチを長くせずに組む方法もアリです。
スイングウェイトが1ポイント前後軽くなり、クラブの抵抗値もミドルアイアンと同じ降り心地に出来ます。
ストロングロフトで、球の上がりに不安がある方は、一旦0.25インチ長くなる長さで組みます。
弾道が十分上がるかをチェックした後に、長さ調整するのがオススメです。


重心の設計

重心高の設計

#7I以下も、ボールの重心とフェース面上の重心の高さがほぼ同じに設計されています。

インフィニ フェース面上重心

インフィニ フェース面上重心

これによって、上下のミスに許容できる範囲が広くとれ、ボールに力の伝達不足が起きにくくなります。

「低重心の方が優しいのでは?」っと考えてしまいそうですが、ミスの傾向が一定ではない初中級者の場合は、一概に言えません。
「極端な低重心のアイアンでフェースの上側にボールが当たった場合」をイメージしてみてください。
ボールの下を重心が潜り、弱々しく高いテンプラボールが出てしまいます。

インフィニアイアン重心高

インフィニアイアン重心高

重心の深さの設計

もちろん、アーメット インフィニアイアンも、許容の限界はありますので、大ダフリやドトップは難しいですが。
かなり深く設計された重心と相まって広いスイートエリアは、確実にミスに強いアイアンと言えます。
ソールの形状が、バックフェース側がV字にトゥヒール方向に削りが入っています。
やや厚いソールでも、抜けを良くするためだと考えられます。
この独特なソールの影響もありますが、ソール面上の重心点は深くV字の部分に掛かるため、測定が出来ませんでした。
そのぐら深い位置に重心が設計されています。

インフィニアイアンソール

インフィニアイアンソール

重心距離の設計

ポケットキャビティに反発性能の高いフェースを備えたアイアンは、往々にして重心距離の長いモデルが多い。
飛距離が出しやすくなる代わりに、一度フェースを開いてしまうスイングの場合、フェースをスクエアに戻すためには、大きな力が必要になります。
そして、操作性が良いとは言えないものが殆どです。
そういったモデルが多い中、このルーツのアーメット インフィニアイアンは、重心距離がやや短めに設計されています。
この設計があってグースネックにしなくても、ボールのつかまりが得られるのではないでしょうか。
そして、フェースの性能に自信があるからこそ、重心距離を長くして飛距離を出しやすくしなくても良いという考えになるのだと思います。


その他の特徴

角度調整が可能

ストロングロフトのアイアンはボディーもステンレスを採用していることが多く、調整が出来ないモデルがほとんどですが、アーメットインフィニアイアンは、ボディは軟鉄を用いているので調整が出来ます。

スクエアに構えやすい形状

FP値は#7Iで6mmと、同じようなポケットキャビティのアイアンでは、ほぼ見ないストレートネック。

インフィニアイアンFP

インフィニアイアンFP

トップブレードも程よく角があり、スクエアを取りやすいヘッド形状は、長くゴルフをされている方に違和感なく使ってもらえそうです。

インフィニアイアントップライン

インフィニアイアントップライン

Type-A・Type-β好みな顔つき。

 


試打クラブ

試打クラブご用意出来ました。
ルーツ アーメットインフィニアイアン
番手:#7I
シャフト:NS Zelos6
長さ:37.5インチ
重量:387g
スイングウェイト:C9
振動数:250cpm
換算フレックス:L3



THROUGH THE GREEN(スルーザグリーン)
〒731-0201
広島市安佐北区大林3丁目14-22-1F

Pocket

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です