スタビリティツアー2 ポーラ 振動数
Pocket

スタビリティーシャフト Tour2 Polarを比較調査

広島市安佐北区のゴルフショップ スルーザグリーンです。
今回は話題の人気のパターシャフト スタビリティにTourモデルの後継機種 「Tour2 Polar(ツアー2 ポーラ)」が発売になりましたので、これまでのモデル「スタビリティ 」と比較してみました。


テーラーメイド トラスセンターに取り付け

スタビリティ Tour2poralを取り付け

スタビリティ Tour2poralを取り付け

Tour2 Polar(以下 ポーラ)は、Tourと同じくアタッチメントはブラックが付属しています。
今回は、ヘッドがシルバーの仕上げでしたので、元のシャフトを使用し取り付け。

スタビリティ ツアー2poralを取り付け

スタビリティ ツアー2poralを取り付け

こんな感じです。
触った感じは、以前のTourはカーボンシャフトらしい触感でしたが、ポーラは柔らかい皮膜が付いている感触。
見た目も艶消しのホワイトで、どこか柔らかさを感じる見た目。

シャフトのロゴプリントも、どこかしら「しなやかさ」柔らかさを感じます。

トラスセンターにポーラの振動数は?

スタビリティツアー2 ポーラ 振動数

スタビリティツアー2 ポーラ 振動数

34インチでの振動数になります。
ヘッドのウェイトやグリップで数値は変わりますので、あくまで参考までに。
360cpm アイアンとしてフレックス換算すると、Sフレックスぐらい?
あまり硬い感じでは無い印象。

純正スチールシャフトの振動数は?

スコッティキャメロン 純正スチールシャフト振動数

スコッティキャメロン 純正スチールシャフト振動数

ちなみに、普通のスチールシャフトの振動数はどうなのかと言うと、
差し替える前に測定しておけば良かったのですが、元の振動数を測っておりませんでした。
加工作業の合間に出来た時間で記事を書いておりますので、ご了承ください。

そんなわけで、店頭にあったスコッティキャメロン スペシャルセレクト ニューポート2 34インチと比較。
332cpm 同じ様にアイアンとしてフレックス換算すると、Aフレックスぐらい?
こちらも、グリップやネックの形状などによって異なりますので、参考程度にお願いします。

単純に比較して、やはりシャフトのしなりは純正のスチールよりも少なくなり、リニアな動きになるようです。

スタビリティ シリーズを単体比較

スタッフバッグシャフト重心位置比較

スタッフバッグシャフト重心位置比較

上から スタビリティ > Tour > Tour2 Polar > カスタム用スチールシャフト
支点の部分から左側(Butt側)が長い方が、よりバランスポイントがヘッド側にあります。
同じ長さで付け替えた場合、よりヘッドが効いた仕上がりになると予想されます。

スタッフバッグシャフト重心位置比較2

スタッフバッグシャフト重心位置比較2

メーカー説明に、スタビリティよりもTourやポーラの方が、スチールシャフトと重心位置が近いと書いてあります。
確かに。
ポーラは、よりスチールシャフトのバランスポイントに近くなっている様です。

スタビリティシャフトが、Tourやポーラよりも先(Tip)側に重心があります。
カーボン部分が太いがカーボンの厚みはTourより薄い事。
カーボン部分が太いことにより、アタッチメントを取り付けるコネクト部分がTourシリーズよりも大きい事。
コネクト部分の構造がTourと異なる事などが、バランスポイントが違う要因だと考えられます。


アタッチメントに注目

スタビリティ アタッチメント比較

スタビリティ アタッチメント比較

Tourやポーラに比べて、スタビリティはアタッチメントが少し長い事も、先ほどのバランスポイントには少しですが関係がありそうです。

スタビリティ アタッチメント重量

スタビリティ アタッチメント重量

スタビリティ アタッチメント重量9mm

スタビリティ アタッチメント重量9mm

Tour用ブラックのアタッチメント重量

Tour用ブラックアタッチメント重量

Tour用のブラックのアタッチメント、.370(9.4mm)の重量。
スタビリティ用よりも短いだけあって軽くなっています。
どのアタッチメントも接着側が研磨してあるので、多少の重量誤差があります。

スタビリティ アタッチメント部分比較 拡大

スタビリティ アタッチメント部分比較 拡大


本体の重量は?

本体の重量を見ていきます。
まずはスタビリティから

スタビリティ アタッチメント無し重量

スタビリティ アタッチメント無し重量

 

スタビリティツアー アタッチメント無し重量

スタビリティツアー アタッチメント無し重量

 

スタビリティ ツアー2 ポーラ アタッチメント無し重量

スタビリティ ツアー2 ポーラ アタッチメント無し重量

メーカーHPなどに記載の重量よりも、やや軽いものが多い印象です。

 


振動数を比較してみる。

今回使用のパターヘッド

今回使用のパターヘッド

今回このヘッドを仮固定して使用し、振動数を比較してみます。
重量はご覧のように354.8gです。

以下、スタビリティシリーズの振動数になります。
こちらは、ヘッド仮固定・アタッチメント仮固定・グリップ仮固定。
34インチでの仮振動数になります。
パーツそれぞれをテープで簡易固定している数値ですので、接着・本装着時と大きく結果が変わることが多々あります。

また、センサーの測定部分にコネクターが掛かってしまうため、同じ条件で測定出来ていないかも知れません。
予めご了承ください。

スタビリティ Tour2 ポーラ 仮振動数

スタビリティ Tour2 ポーラ 仮振動数

 

スタビリティ ツアー仮振動数

スタビリティ ツアー仮振動数

 

スタビリティ 仮振動数

スタビリティ 仮振動数

仮振動数では、Tour(380) > Tour2 Polar(345) > スタビリティ(339)という結果。
実際に打った感触ではスタビリティ  > Tour > Tour2 Polar の順に剛性を感じます。
感じ方なので、個人差あるかもしれませんが。

測定の結果が概ね問題ないとした場合、
しなりを感じるが実際にはあまり動いていないTour。
しなりを感じないが、ある程度動いているスタビリティ 。
しなりを感じるしある程度動くTour2 Polarという感じになります。


他のフルカーボンパターシャフトと比べてどうなのか?

試打クラブのLAGP TP Zone One 135と比較してみます。
シャフトの重量帯がスタビリティーとは異なるので、LAGP TP Zone One 105との比較の方が良いのでしょうが、手元に今ないので、135で。

LAGP TP Zone 135 振動数

LAGP TP Zone 135 振動数

これはまた、めっちゃ大きい数値に!

アイアンとしてフレックス換算すると、XXフレックスぐらい?
ヘッドは接着済み、34インチで固定しての振動数になります。
実際打つと、「コッ!」っと硬質な打球音と打った手応えがしっかりと感じやすい。
(もちろんフェースインサートやフェースミーリングによって異なりますが・・・。)
コード入りや、やや硬めのグリップと合わせると、さらにボールとコンタクトした感覚がしっかり伝わってきます。
スタビリティーに比べて、「補正する」というよりは「挙動を抑える」感じ。

こちらは動いて感じないし、実際に動いてないシャフトと言えそうです。


カスタム用のスチールシャフトと比べてどうなのか?

最後に、カスタム用の140gのスチールシャフトでは、どのくらいの数値になるのか測定してみました。

カスタム用スチールシャフト 仮振動数

カスタム用スチールシャフト 仮振動数

スチールシャフトからリシャフトする場合、最も違和感が少なく交換できるのは、Tour2 Polarだと言えそうです。

シャフト選びの参考になれば幸いです。


THROUGH THE GREEN(スルーザグリーン)
〒731-0201
広島市安佐北区大林3丁目14-22-1F

Pocket

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です