300ミニドライバー ヘッド重量
Pocket

テーラーメイド 300 ミニ ドライバー ヘッド重量

広島市安佐北区のゴルフショップ スルーザグリーンです。
今回は話題のテーラーメイドの300ミニドライバーをリシャフトしました。

クイックでのリシャフトだったので、今回はヘッド重量だけですが何かの参考になれば幸いです。。

「300 MINI Driver」ミニドライバー

ロフトは11.5度と13.5度の2つのロフト展開。(テーラーメイド ジャパンの販売は11.5度のみ)
アジャスタブル スリーブがついているので、記載ロフト±2度まで調整できます。
なので、9.5度〜15.5度まで対応ということ。

ツイストフェースや貫通型のスピードポケット、チタンのフェースとボディーにクラウンはカーボン。
確かにドライバーのミニ版。

300ミニドライバー ヘッド重量

300ミニドライバー ヘッド重量

ヘッド重量実測

今回のテーマであるヘッド重量は、ご覧の様にスリーブ込みで212gでした。
近年のドライバーのヘッド重量の平均は197gなので、15gぐらい重いですね。
純正で43.75インチとのことですので、重たいのは当然ですが。

#3wのヘッド重量帯なので、ドライバーに合わせてシャフトを選ぶか、地面から打つことと重量を考えてフェアウェイウッド 用のシャフトを選ぶかは別れそうなところです。
今回はFW用のシャフトを装着しました。

ノスタルジックな見た目

ソールは、ロゴの配置や300の文字に、ノスタルジーを感じます。
300Tiドライバーのオーマージュだとメーカーも記している様に、当時爆発的に売れたあのシリーズを知る人からすると、懐かしさを持って迎えられるでしょう。

地面からも打てる様に、当時の300ドライバーに比べるとシャローなイメージです。
当時は8.5度とか、そんなロフトが主流でした。

当時の300Tiは、体積が290ccだった様です。
今回のミニドライバーは307ccですので、実はミニの方が大きい。

何かの参考になれば幸いです。

暑い日が続きますので、熱中症にはくれぐれもご注意を!

 

2021/10/11 追記
13.5度のヘッドの角度を測定出来ましたので、追記いたします。
個体差があるかも知れませんが、フェースアングルは実測値オープン0.75度でした。

12.5度付近に調整して使用しようとすると、
13.5度の方を立てて使う場合、1度以上のオープンフェースになります。(11.5度も0.75度オープンの場合)
11.5度を寝かせて使う場合、ほぼスクエアから僅かにクローズフェースになります。
フェースアングルや構えやすさにこだわりがある方は、好みや持ち球とも合わせてロフトを選択することができます。


THROUGH THE GREEN(スルーザグリーン)
〒731-0201
広島市安佐北区大林3丁目14-22-1F

Pocket

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です