ディアマナP135フレックス
Pocket

ディアマナのパターシャフト、P135のフレックス1.0と2.0の比較!

広島市安佐北区のゴルフショップ、スルーザグリーンです。
先日のフレックス2.0に続き、フレックス1.0も装着しましたので比較してみました。
フレックスの違いと、実打で比較してみたから分かったことをレポートしてみたいと思います。
20170426-185221.jpg
スチールシャフトと比較すれば、フレックス1.0も2.0も芯を外した際のシャフトの補正がされていると出玉を見て感じます。
ラインを入れたボールを打つと、ラインのブレが少なくなりました。


2つのフレックスを比較してみると、芯を外した時に影響が少なく、シャフトによる補正を感じるの「フレックス1.0」の方です。
芯を外してヘッドの挙動が極端に変わることが無いというのが伝わりやすいかもしれません。
今回アンサーネックのブレードタイプに取り付けをした影響もあると思いますが、トゥ側へミスヒットした場合に、ボールのラインがブレてしまう量が、グッと減りました。
ヒール側へのミスヒットは、スチールと比較してもあまり違いを感じませんでした。

スチールと比較して、カーボンシャフトの方がボールの出足がゆったりとして感じる。
同じパター用のカーボンシャフト「ファイヤーエクスプレスのPT130」とも比較してみました。
打球感は、ディアマナの方がカーボンシャフト感が強く伝わってきます。
クラブの重さがよりボールに伝わっている感じと、異なる硬さの感じ方がしました。
ファイヤーエクスプレスの方が、ピンっと張りがある硬さと表現したらよいでしょうか。

ディアマナP135バット

ディアマナP135バット

右がフレックス1.0。左がフレックス2.0のバットの画像。
バット径がフレックス2.0の方が少し太く設計されていますが、断面に白い異素材の幅が異なる事が見て取れます。
軟らかい方のフレックス1.0の方が、異素材の層が多いので柔らかい素材ではなさそうです。
異素材の位置も、フレックス1.0の方が外部に近い設計です。


ディアマナPT135カーボン柄

ディアマナPT135カーボン柄

最も外に巻かれたシートの模様が手元に透けて見えます。
当スタジオメンバーがテストしている感じでは、フレックス1.0の方が僅かながら評判が良いです。
今なら両方のフレックスを試打することが出来ます。

ボールのラインで転がりを見ながら。目をつぶって。あえてミスヒットさせてみる。
色々とやってみましたが、カーボンシャフトに軍配がどうやら上がりそうです。
スチールが良いのは、価格ですかね~?
これからパターのシャフトも、ユーティリティのようにカーボンシャフトへと移行していく気がします。


スチールとの比較の記事はこちら⇒「スチールと比較!パター用カーボンシャフト ディアマナ P135装着」

ゴルフパフォーマンス スタジオ
THROUGH THE GREEN(スルーザグリーン)
〒731-0201
広島市安佐北区大林3丁目14-22-1F

Pocket

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です